ひーとぽんぷ|千葉県船橋市の空調設備設計施工ネオテック

空調設備用語辞典

Dictionary

ヒートポンプ

読み方:ひーとぽんぷ

エアコンは、冷房と暖房の切り替えをボタンひとつでできる設備です。室内の空気中の熱をくみ上げ、室外に放出することで冷房機能を、室外の空気中の熱をくみ上げて、室内に放出することで暖房機能を稼動させています。この原理をヒートポンプと言います。この原理を機能させるには、「冷媒」と呼ばれる特殊な物質によって、熱を移動させなくてはなりません。この「冷媒」物質として現在では、代替フロンHFCが利用されています。
ヒートポンプを採用した設備は1台で冷房と暖房の機能が使えるので、冷房と暖房の設備を別々に導入する手間とスペースは必要ありません。この原理を利用した冷暖房設備は、1台でふたつの役割が持てるという点が魅力です。


空調設備工事との関連性

【省エネやランニングコストの削減にもなるヒートポンプ式空調設備】

私達の生活では夏場には冷房を冬場には暖房をといった具合に、季節ごとに空調設備を利用して快適な室内温度を保つことが一般的です。人間の活動にも温度は関係しており、仕事場では作業効率を落とさないように空調を効かせている場合がほとんどです。空調設備の種類は豊富にありますが、ヒートポンプを採用した設備なら1台で冷房と暖房を切り替えることができ、温風と冷風で室内温度を快適に保ちます。冷房用と暖房用でふたつの設備を導入する必要がないため、省スペースになります。また、最近のエアコンの省エネ性能は目覚ましいものがありますので、省エネ・ランニングコストの削減にもなる機能的な設備です。