ぴーえーしー(ぱっけーじ)|千葉県船橋市の空調設備設計施工ネオテック

空調設備用語辞典

Dictionary

PAC(パッケージ)

読み方:ぴーえーしー(ぱっけーじ)

PAC(パッケージ)とは、空冷や水冷の空調機器の一種であり、一体型となっているものがほとんどです。大規模空調で使われるAHUとは違い、比較的小型のオフィスなどにおいて使用される事が多いというのが大きな特徴です。そして、先にも申し上げたとおり、これは一体型となっている組み合わせユニットでもあります。凝縮器や送風機が組み合わさっており、圧縮器も備わっているものがほとんどと言えます。空気調和設備ではこのような物を効率よく稼働させて換気を行っています。これは電子機器が多い部屋においても機能するために、多様性に富んでいる、空調設備には欠かせない設備のひとつです。


空調設備工事との関連性

【様々な種類のPAC(パッケージ)】

室内では、効率的なベンチレーションは基本中の基本ですが、空調設備に必要不可欠なものが、PAC(パッケージ)です。汎用性のものをはじめとして、温度管理を主とするもの等様々な物があり、どれも、オフィスビル内などにおいては、とても重要な役割を担っています。このパッケージエアコンはオフィス用のものもあれば電気機器が密集している空間に適しているものもあるために、必要に応じて適切な機器を選択する必要があります。このように、効率よくベンチレーションを行うのが、空調設備の設置においては重要です。